メガネの価格帯の差って何が違うの?

メガネの価格帯は一式何十万もするものから、お手頃価格の2万円台で購入できるものまで様々です。その差は主に、レンズの質や機能、製造時にかかるコスト、販売店ごとに違う課金方法による差になります。もちろんレンズの質により、ユレ・ユガミの大小やコーティングの種類、最近問題になっているブルーライトカット機能付きや、傷がつきにくい機能等の差も大きいでしょう。仕様や設計等、遠近両用タイプなのか超薄型設計なのか等も価格の差が出る要因になります。夏場は特にUVカット機能の有無も価格の差になるでしょう。やはり個々の目の状態、いわゆる度数の差も大きな差になります。強度の人はやはりレンズが厚くなってしまう為、軽さを求め超薄型がお勧めになります。

メガネはファッションに合わせる時代

今やファッションの一部としてメガネを着用する人も増え、夏にはサングラスも必要になると、機能重視のみならず、ファッションに合わせて何本も欲しくなります。TPOに合わせれば、むしろ必要です。機能を落としたくないけど何本も必要な方はお手頃価格で購入できるメガネがお勧めです。全国にチェーン店を構える眼鏡店等では、フレームとレンズ、フィッティングと言われる店舗スタッフによる検眼や目の位置の測定等を含めた一式価格が平均2万円台購入可能です。チェーン店によってはオンラインストアで購入したフレームに度数等の検眼プラス、プラスチックレンズを近くの実店舗で入れることも出来ます。別途追加料金がかかることもありますが、最近ではお手頃価格で購入することが可能です。