熱や傷に強く薄く加工できる

現在のメガネレンズは軽量で割れにくいプラスチック製が主流ですが、古くから続くガラスレンズも特有のメリットがあります。強度近視の場合、レンズを薄く加工できるのがガラス製の大きなメリットです。メガネレンズは度が強くなるほど厚みが増すのが普通ですが、ガラスレンズは厚みをさほど持たせずに度を強くすることができます。レンズが厚くなると見栄えが悪くなってしまいますが、薄いガラスレンズなら顔の雰囲気が損なわれる心配はほぼありません。また、ガラスレンズは熱に強く傷も生じにくいメリットがあります。火花が飛んだり砂埃が舞う環境でも安心して使うことが可能です。日焼けによる変色もほとんど生じないので長く愛用することが可能です。

ガラス特有のデメリットに注意する

ガラスレンズは薄いままで度を強くすることができるので強度近視の人に適していると言えますが、その一方で衝撃に弱く割れやすいデメリットがあるのも事実です。誤って落としてしまい、高価なレンズが割れてしまうのはガラス製のメガネに多いトラブルと言えるでしょう。また、ガラスレンズは重たいため、メガネを長時間かけ続けるとフレームが当たる耳や鼻に負担が生じます。小さい子供や高齢者がガラスレンズのメガネを使う場合、取り扱いには細心の注意を払わなければいけません。レンズが重たいため、フレームのデザインが限定されるのもガラス製ならではのデメリットです。目元のおしゃれにこだわる人がガラスレンズのメガネをかける際はフレーム選びに注意する必要があります。