ガラスと比べてずっと軽い

メガネのレンズといえば、伝統的に使われてきたのはガラス素材ですが、近年では技術の向上に伴ってプラスチック素材のシェアが圧倒的に大きくなっています。このプラスチックレンズには、ガラスにはない様々なメリットがあるのですが、その中でも大きいのは、ガラスに比べて軽いという点です。それほど重くない分、顔にかかるメガネの負担が軽減できるので、長時間にわたってメガネをかける機会の多い人にとっては、ガラスレンズよりもプラスチックレンズの方が圧倒的に使い勝手が良いと感じられるでしょう。また、プラスチックレンズはそれほど重くないため、落下した時の衝撃もガラスに比べて軽微で、割れにくいという点もメリットと言えます。

容易に加工することができる

プラスチックレンズのもう一つのメリットは、ガラスに比べて加工するのが容易であるという点です。様々な形状に加工することができるので、人とは少し違ったファッショナブルなデザインのメガネが欲しいという方にとっては、プラスチックレンズの方が選択肢が多くなるでしょう。また、プラスチックであればレンズへの色付けも簡単にできます。サングラスはもちろんのこと、それ以外にも青みがかった色にしたり、オレンジ系の色を加えたりといった加工も可能なので、おしゃれを楽しみたい場合にプラスチックレンズは非常に使い勝手がよいのです。なお、かつてはガラスに比べてプラスチックは屈折率が少ないので、どうしてもレンズが分厚くなるというデメリットがありましたが、技術の発展によってその問題は解決されています。

眼鏡を選ぶときは、検査体制のしっかりしたお店を選ぶことです。不十分な検査は、目が疲れたり、体調にも影響します。